2012年11月2日

ダンボール製品が一つあると

もし訪問した会社の事務所がダンボール製品を丁寧に綺麗に使っていたらとても温かくて優しい印象を受けます。
もちろんその辺のダンボールそのままではなくて綺麗に加工されたものです。
クラフト色はほっとするような暖かい色です。
ステンレスの机や椅子よりもクラフト色のふんわりとした雰囲気の方が人情的な感じがします。
素材も紙なので環境に優しいということを通じて会社全体が温かいような雰囲気になると思います。
特にダンボール製品をお勧めしたい会社や場所は悩んでいる人が来る弁護士事務所や○○相談所という所です。
弁護士事務所が雑然としていたらなんとなくさらに不安になる気がします。
それがダンボール製品のインテリアや棚があったら何となく依頼者のことも考えてくれそうな印象を受けます。
ほっとできると思います。
弁護士事務所に来る方はかなり落ち込んだ方や悩んでいる方が多いです。
相談しに来るのも勇気がいることだと思います。
それをダンボールの素材で優しく迎えるというのもいいことです。
机や椅子を変えるというのは経済的にも難しい場合、ゴミ箱をダンボールで作ってみたり待合室にダンボールのボードを作ってみたり手作りのものを置くと結構和みますね。

2012年10月19日

何でも利用しよう

朝はとにかくコーヒーを飲まないと始まらないという人も多いですよね。
一日に何回も飲む人もいます。
毎日飲むと結構コーヒーの出しがらもたまりますが、そのまま捨てるだけではもったいないです。
コーヒー出しがらを乾燥させて通気性のいい細かい網目の容器に入れておけば消臭効果大です。
しっかり乾燥させないとカビが生えてしまいます。
乾燥させないでそのまま出しがらを灰皿に乗せておくとタバコの消臭剤にもなります。
確実に火を消すこともできます。
コーヒーの専門店に行くとコーヒーの出しがらがダンボールに入れてあって「ご自由にお持ち帰りください。
」とスコップとビニール袋が置いてあるところもあります。
結構もらっている人もいますよね。
そのようなものが置いていないお店でも大量の出しがらが出てきますので、店員さんに「出しがらください」と小さめのダンボールをわたすと入れてくれる所も多いです。
ダンボールは適度に水分を吸い取ってくれて通気性もあるのでとてもいい入れ物です。
ダンボールの上に広げて乾燥させてもいいですね。
たくさん乾燥させてトイレ、台所、靴箱などに可愛い入れ物に入れて置いておけばインテリアとしてもお洒落ですし、活性炭などと同じくらい消臭効果があります。
台所のゴミ箱の蓋に貼りつけてもいいですよ。
車にもおいておけば消臭してくれます。
是非、お試しあれ。

2012年10月5日

ぬいぐるみのリサイクル

小さい子供はぬいぐるみが大好きです。
男の子も女の子も部屋中いつの間にかぬいぐるみだらけになりますよね。
ぬいぐるみのおかげで優しい心が育ったり、守ってあげようとおもったり、可愛いと思うことができたり色々な感情をもつことができます。
そんなお世話になったぬいぐるみを捨てることはなかなかできませんよね。
思い出が詰まっているのでゴミ箱に入れることはできないのです。
だからこそたくさんぬいぐるみがたまってしまいます。
そんな時にはぬいぐるみのリサイクルをしている会社に来てもらってダンボールごと渡すといいのです。
そのぬいぐるみは発展途上国の子供達に配られたり児童館の子供達に配られたり病院の子供にプレゼントしたりしてまた第2の人生を歩き始めることができるのです。
ぬいぐるみもリサイクルの時代です。
リサイクルというよりリデュース、リユースですね。
洗濯しただけで綺麗になり次の人に可愛がってもらえるのです。
引き取りの条件として汚いもの、糸がほつれているもの、中綿の出ているものは引き取ってもらえません。
少しでも綺麗に見せるためにぬいぐるみを入れるダンボールも綺麗なものに入れて持って行ってもらいましょう。
また誰かを幸せにしてくれるといいですね。

2012年9月21日

緩衝材を減らすための工夫

昔はメガネというと目が悪いというマイナスイメージだったのですが、最近はメガネのフレームも色んな色だったり柄が入っていたり形も色々でお洒落です。
洋服と合わせて、髪型と合わせてメガネをする人も多いです。
種類が多いため自分に合うメガネが必ず見つかります。
有名女優、俳優や芸能人がデザインしたメガネもあり、メガネはファッションの一部となっています。
メガネは高いものというイメージでしたが、今は5、6千円も出せば十分いいメガネを作ることができます。
そしてフレームを選んでから度数をはかって40分で作ってもらえます。
すごく早いですよね。
何個も持っていて気分で替える人も増えました。
ネットでメガネを買うこともできます。
宅配便でメガネを送ってくれるのですが、プチプチ(緩衝材)のかわりに小さな少し硬めのビニール袋にメガネを入れてくれます。
そしてケースの隙間を減らしてメガネを守ります。
それをダンボールに入れる時は、巻きダンボールをふんわりと詰めて動かないようにして送ってくれます。
ダンボールと巻きダンボールは資源ごみへ、小さな袋はプラスチックごみとしてリサイクルできます。
メガネのような繊細なワレモノも工夫次第で緩衝材を少なくできますね。

2012年9月7日

パルプモウルド2

パルプモウルドの植木鉢や花瓶は通気性がいいのと土に生分解できるという点がとてもいいですよね。
値段も手ごろなのでとても人気が出そうです。
通常の鉢や花瓶より通気性がいいので多めに水をあげてくださいね。
その植木鉢の種類で小豆ポットというものがあります。
まんじゅうを作る時に小豆の大量の搾りかすが出るのでそれを古紙に混ぜて作ったものです。
ほんのり小豆の香りがして鉢にも小豆が見えてそれがアクセントになってお洒落になっています。
おもしろいですよね。
また、お茶の出しがらをいれたポットもあります。
カテキン効果である消臭、抗菌ができます。
これもお茶の香りがします。
紅茶でもきっとできますよね。
植物繊維であればたいていのものがまぜられるということですのでこれから他の食品も混ぜて色々なポットがつくれそうですね。
リサイクルされたダンボールや新聞紙、厚紙、雑紙が植木鉢になり土に帰るというとても理想的なパルプモウルド。
これからも活躍してほしいです。
今はわき役的なパルプモウルドですがパルプモウルド自体を何かの製品にして使いたいという話も出ているようです。
今作られ始めているのがお面や動物の置物などです。
どんなものができるのか楽しみですね。

2012年8月24日

パルプモウルドで作る植木鉢、花瓶

パルプモウルドとはダンボールや雑誌、新聞紙、厚紙などの古紙を一度溶かして成形して乾燥させた紙製のものです。
卵のトレーや青果物のトレー、電化製品の緩衝材としてつかわれていますが、植木鉢にも使われるのです。
庭に植えかえたい場合はそのままパルプモウルドの鉢に入れて土に埋めれば植え替えの必要がありません。
そのまま鉢として使いたい場合はコンクリの上に置くか何かを敷いておくと大丈夫です。
撥水加工がされているため雨に濡れても平気です。
通常植木鉢にとして使えます。
軽くて割れにくく通気性がいいのが特徴です。
また、花瓶もあります。
花を長持ちさせるにはなるべく水温を低く保つことが必要です。
このパルプモウルドの花瓶はガラスや陶器と比べると2度も低く保てます。
紙の花瓶は繊維結合でできているため花瓶全体に空気の通り道があるのです。
熱がこもらず花瓶全体から水が蒸発し水温を下げる効果があるのです。
水温を低く保てるので腐りにくく不要になったら土に埋めれば生分解されます。
やはり花瓶も軽く割れにくいです。
パルプモウルドを使ってクッションや民芸品(だるまなど)も作られているのです。
これから先もどんどん色々なものを作っていってほしいです。

2012年8月10日

オセロやパズルも作れます。

将棋やオセロはやりたい人がたくさんいても本物は結構高いのでなかなか買えない施設もあります。
ダンボールで作れば何個でも作れます。
将棋と全く同じ方法でオセロも作れますよね。
オセロの方が白と黒なだけに簡単に作れるので是非作ってみましょう。
またジグソーパズルもダンボールで作れます。
市販のパズルは高齢者や障害者の方には小さくて持ちづらい時もあります。
小さい子供は飽き症ですから次々に新しいものをやりたがります。
こういった時はダンボールならいくらでも作れるのでお勧めです。
老人ホームにおくなら少し大きめに作ってデザインもお年寄りが好むものを貼りつければやってみようかなという気も出てきます。
日本の名所や、歴史上の人物の写真をコピーして貼っても面白いかもしれません。
児童館に置くならキャラクターや可愛らしい動物の写真なども喜びそうですね。
パズルも補強テープと布テープで枠を囲うと丈夫で素敵なパズルになります。
施設の従業員さんや先生達だけで作るのではなく皆で作ると早くできますし、おしゃべりしながら作るのも楽しいですね。
何かを作ることは頭の体操にとてもいいことです。
ダンボールに限らず、使えるものはどんどん使って常に新しいおもちゃを考えて作っていくべきですね。

2012年7月27日

通販の靴のダンボール

通販で靴を買うととてもしっかりした小さめのダンボールに入れて送ってくれます。
このサイズのダンボールはスーパーのレジのところにも置いていませんし、しっかりしているので何かに使えないかなとついとっておきます。
洋服ダンスの仕切りやダンスの中の小物入れ、可愛い布や紙を貼ってインテリア代わりの小物入れにも使えます。
DVDを入れたり端切れを入れたりもできます。
また、季節外の靴や、高価な靴を保管しておくのに使うのもいいですね。
靴は実際にはいてみないとわからないという人も多いですが、サンダルや安めの靴であればそんなに慎重にならなくてもだいたいサイズさえ間違わなければはけるものです。
また中敷きで調節したりもできます。
ですから通販では難しいのではないかと言われていた靴の販売も今はかなり伸びています。
倉庫から直接注文のあった自宅へ送るので店代や、人件費などがかからず、店で売っている商品よりもかなり安く買うことができます。
ダンボールの大きさも子供用、スニーカーやパンプス等の普通靴用とブーツサイズ用と種類も少なくてすみます。
ちょっとダンボールが大きければ緩衝材代わりの紙で包めば大丈夫なのでダンボールも同じサイズを大量発注ですむようです。
通販の靴のダンボールはとっておいて損はないでしょう。

2012年7月13日

ダンボールで遊ぶ

ある中学生の授業の作品でダンボールを使って街を作ったという作品がありました。
板ダンボール、巻きダンボールを使ってとても上手に作っていて面白いなと思いました。
遊園地には観覧車やジェットコースターがあってとても夢のある素敵な作品です。
これを全てダンボールで作ったというのだから驚きです。
カラーの板ダンボールや巻きダンボールもあるのでとてもカラフルです。
ない色は自分で塗って作ればいいのです。
子供の発想力はすばらしいなぁと感心させられます。
これはもっと小さいこの遊びでつかっても楽しそうです。
板ダンボールや巻きダンボールはホームセンターに売っています。
これほど子供の発想力や創造力を自由に発揮させられるものもないかもしれません。
家ではダンボールというと便利な箱ですが使わない時は邪魔な物というイメージしかないですよね。
大人ももっと色々な視点から物を見るべきですね。
こんな身近に面白い素材があったとは気づきませんでした。
おもちゃ屋さんに売っているものだけがおもちゃじゃないですよね。
早速、ホームセンターに行って子供のおもちゃとして触らせてみようと思います。
最初はダンボールの波の上に絵を描くだけでも面白がるでしょうね。
何ができるか楽しみです。

2012年6月29日

ダンボールの輪切りを重ねて作るもの

マネキンも変わってきています。
今はダンボールでマネキンを作っている会社もあるのです。
輪切りの形状を連続的に組み立てて模型を作ります。
設計から加工まで全てコンピュータでできるためデザイン、試作、商品化までを短期間で行えます。
部品はすべてレーザー加工のためダンボールに限らず、金属や木、アクリルなど色々な素材で作ることができます。
ダンボールの輪切りがマネキンになっているなんて驚きますし想像できないですよね。
女性版、男性版、子供版とそれぞれあり、カラーリング、オリジナルサイズのオーダーも可能です。
顔や頭もきちんと本物の人間のように作られていてメガネ屋や帽子屋のマネキンとしても使えます。
普通のマネキンよりもダンボールなのにとてもお洒落で持ち運びも軽くて楽です。
その他にも同じ輪切りの作り方でディズニーのキャラクターを作ったり、アニマルシリーズとして猫段、トラ段、豚段などの動物、ロボットを作っています。
ディズニーのキャラクターは立体パズル感覚でできるので子供のプレゼントによさそうです。
コンピュータでモデルの拡大、縮小ができるのでミニチュアから大きな構造物まで制作可能です。
国内の動物園には強化ダンボールで作った5メートルを超えるキリンが納品されているそうです。
是非、見に行ってください。

« Newer PostsOlder Posts »